低血圧を解決する様々な健康成分|プロポリスで作る若さ溢れる身体

笑顔

緑内障とならないために

サプリメント

緑内障患者数の急増

眼精疲労が原因で、緑内障を患う方が急増しています。今や40歳以上の20人に1人は緑内障だと言われており、普段から目を保護する必要性が指摘されています。しかし、パソコンやスマートフォンを長時間使用する現代人は、日常的に目を酷使し続けています。そのため、今後も緑内障患者数は、増加していくことが予想されているのです。緑内障となる原因の1つに、血行不良が挙げられます。血行が悪いことで、視神経にダメージを与えていると考えられています。特に目周辺の血行が悪いと緑内障になるリスクが増大してしまいますが、パソコンやスマートフォンの長時間の使用は目周辺の血行不良を引き起こしてしまいます。そのため、パソコンやスマートフォンを使用されている方は、眼精疲労に効くサプリメントを毎日摂取することが重要です。

アントシアニンがおすすめ

緑内障とならないためには、目周辺の血行を促進することが重要です。また、血行が良くなることで、眼精疲労を解消することもできます。目周辺の血行を促進するためには、アントシアニンが多く含まれたブルーベリーサプリメントがおすすめです。目の健康を守ることで知られているブルーベリーに含まれるアントシアニンは、目周辺の筋肉を和らげる効果があります。1点を見つめ続けるパソコンやスマートフォンの長時間の使用は、目周辺の筋肉が非常に硬くなってしまいます。そのため、筋肉を和らげてくれるアントシアニンを摂り、筋肉を和らげることが重要です。和らげた状態の筋肉は、血行を促進してくれます。そのため、緑内障となるリスクを下げることができるほか、日常的な眼精疲労を解消してくれます。多くのブルーベリーサプリメントが販売されていますが、北欧産のビルベリーが使用されたサプリメントが最も効果的です。北欧産のビルベリーには、ブルーベリーより3倍ものアントシアニンが含まれています。そのため、より効果を実感することが期待できるのです。